イギリスの紳士靴”Edward Green”(エドワード・グリーン)より”DUKE(デューク)”を採用した

Salon de +別注カラーをオーダー致しました。

EDWARD GREEN (エドワードグリーン) / DUKE/137E【ラバーソール】SMOKE SUEDE

色はSalon de +が提案するスタイリングに馴染みやすさを想定したカラーを別注。
こちらはスエードによるスモークグレー。ほんのり美しい青みがかったスモークグレーが特徴的なこちら。スタイリング全体を上品な印象を導き出す汎用性抜群な色です。

ウィンザー公をそのモデル名の由来に持つこちらのローファーはエレガントで端正な佇まいが特徴です。ラストは137を採用。そのデザインを引き立てる、流れるような美しいシルエットを描きます。

ソールはデイリー使いで気兼ねなく楽しめる事を念頭にR1ソールを採用。通常のソールとほぼ変わらない厚さでラバーソールを実装しレザーソールの形状に近く軽量であること、汎用性が高く雨の日も着用もしやすくなっています。

【EDWARD GREEN / エドワードグリーン】
1890年、エドワード・グリーン氏はノーザンプトンの小さな工場で”妥協なきエクセレンス”をフィロソフィーとして、紳士用の手作り靴を作り始めました。瞬く間に「英国でも稀代の才気煥発な靴職人」として名声を上げることになりますが、そのような名声や名誉を得る背景には、彼の美徳を追求する信条や卓越した職人技がありました。最も品質の高いグッドイヤー・ウェルトシューズカンパニーとして、アーネスト・ヘミングウェイからウィンザー卿まで顧客としていました。その後も紆余曲折を経て、ジョン・フルスティック氏によって受け継がれ、彼の素晴らしいシューデザインの感覚、靴づくりの経験が生かされて、現在のEDWARD GREENが出来上がりました。「でき得る限りの上質を求める」という明快な哲学は今日に至るまで続いています。洗練され、履き心地が良く、頑丈。かつ軽快でスタイリッシュ。グッドイヤーウェルト製法の靴の最高峰としてEDWARD GREENは着実に歴史を刻んでいます。